Home > スクールについて > ドルフィンスターテンプル®の信条

スクールについて

ドルフィンスターテンプル®・ミステリースクールの信条

コース受講をご検討の方は、ご一読くださるようお願いいたします。

  • 学校の信条
  • 学校の定義
  • コースに参加する前に


ドルフィンスターテンプル®・ミステリースクールの信条

ドルフィンスターテンプル®は参加者に完全に肉体を持って悟り、キリスト(神)意識とアセンションを支援をするために設立されたミステリー・スクールです。
肉体としての存在から逃れずに全ての次元を神聖な真実と神聖な愛で完全に繋がりを持つことにより、三次元の人間としての現実を栄光と神聖さで満たしてゆくことを意図しています。
物質化できる三次元ではスピリット(霊)が時間と空間において時系列的に様々な状況や人生を体験する機会を与えられています。高次元の意識がグラウンディングされ、それがある瞬間に経験できる場所なのです。
さらに、全ての次元とその意識が合流し、「ひとつとなる」ことを体験できる場所でもあります。
したがって、アセンションについて教えるミステリー・スクールとして、参加者は人生を肯定的に考え、キリスト(神)意識を完全に肉体に受け入れることを奨励しています。人生はハイアー・セルフ(崇高な自己)あるいは聖なるスピリットにとって偉大なギフトなのです。
私たちの自己概念が真実にもどった時、私たちは本当の自分自身に戻り、エゴや誤った自己概念から開放されます。
そうなると神/女神/すべてなるものと全ての次元において「ひとつとなる」聖なる流れの中で自由に存在できるようになります。

ドルフィンスターテンプル®の目的はキリスト(神)意識を集団にもたらすことを支援しています。
それは、最低144,000人の人が完全に多次元と繋がり、常に光の柱を維持することができるようになることです。
そして、最低144,000人に人がキリスト(神)意識に目覚めたら、悟りの波を地球上に起こし、生きとし生けるものが体験することになります。全ての人々が神聖なる真実と悟りを一瞬だけですが体験します。
その経験を得たら、私たちひとりひとりがその経験に基づいて幻想を続けるか否か、エゴを中心とした現実をつづけるか、スピリチュアルな成長をつづけるか、神聖な愛や神聖な真実や聖なる計画を意識的に選択できるようになります。

プレアデスとシリウスの光の使者をはじめアセンションをとげたキリストの光の同朋団、銀河系と銀河系間の光の同盟が「カー」、「バー」、「マカバ」の教えを古代レムリア、アトランティス、エジプトに存在していた教え同様の教えを与えてくれました。
太古のミステリー・スクールでは、スピリチュアルな探求者に、ある特定の順を追って教えを説いていました。
スピリチュアルな探求者が次のレベルに進んで行く前に必要とする様々な教え、ヒーリング、チャクラやカー経路の活性化など、セルフ・ケアの技法、イニシエーションを体験するように準備されていました。

順を追って教えられる内容は、
1)カルマやエゴを開放するセルフ・ケアの技
2)瞑想の方法
3)最高を生きる教え
4)聖なる「カー」を目覚めさせ、ハイアー・セルフを完全に肉体に統合する方法
5)「バー」あるいは魂の癒し、魂を最高に輝かせ、純粋さ、愛という本質の状態に戻し、源と繋がる方法
6)細胞組織の癒しや変異をクリア―にする方法
7)DNAをクリアーにし、遺伝子レベルの変異をクリアーにする方法
8)光の柱を定着させる方法
9)男性性と女性性の分離を癒し、セクシュアルなエネルギーを愛のアントラへと変化させていく方法
10)「マカバ」とダイアモンドのライトボディを再構築し、活性化させる方法


聖なる幾何学の光で全ての次元において定着させる方法があります。
これらの方法は活性化と定着された光の都市のドルフィン・スター・テンプルの中で集中的に行われます。




ドルフィンスターテンプル®・ミステリースクールの定義

地球上で古代においては、ミステリ―・スクールはとても明快でわかりやすい形で存在していました。
例えば、エジプトのスピリチュアリティが栄えた時代には、ミステリー・スクールが中心となっていました。
いかなる光の道を歩む人はスピリチュアルな目覚め、平和と最高を生きる重要性に気づく体験をし、完全に目覚め、悟りを開くことを選択し、自らの最善の運命と繋がっていました。
このような内なる体験はスピリチュアルな探求者をミステリー・スクールに参加しようという刺激を与えていました。
ミステリー・スクールはヒーリング、浄化、イニシエーション、悟り、アセンションへと導くシステムなのです。

古代エジプトの人々がこのような刺激を体験した時、神殿に行き、神官や女性の神官により評価してもらっていました。
その当時ミステリー・スクールのイニシエーションの道に入門する前に神官や女性の神官は、入門の見込みのある人に宿題を与えていました。
見込みがあると判断された人はその宿題を完成させた後、ミステリー・スクールに入門することができ、5つの項目についての準備をさせられていました。
1つ目は、エゴを持つ自己概念と聖なるスピリットとしての自己概念の違いを理解すること。
2つ目は、自己の最高をいきる(いかなる状況においても何が正しいかを知り、それに基づいて行動すること)ことを完全に決意すること。
3つ目は自己の人生や状況や人間関係は教師であることを学ぶこと。
4つ目は安全な境界線を瞑想で、十分学ぶこと。
5つ目は、人生の選択は恐れ、怒り、復讐というような感情の反応ではないことに気づくこと。

スピリチュアルな探求者は、
1)誠実に心から何も隠さずに全てのレベルを完全に探求できること
2)エゴやカルマの課題が明らかになった時に謙虚で感謝できること
が重要でした。言い換えれば、スピリチュアルな探求者がどんな癒しが必要かという知識、どんな習慣や姿勢を変える必要があるかを全身全霊で受け止めなければ、成熟し安全な方法でイニシエーションの道の責任を受け入れる準備ができていないと判断されたのです。

ミステリー・スクールはスピリチュアルな空間であり、教えであり、人類が 1)学び、2)癒しと高次の意識を体験し、3)正しい行動と練習を重ねることにより、完全な肉体をもち、すべてのチャクラ、悟りを達成できるのです。
7つの段階の悟りのためのイニシエーションが完了し、イニシエーションが次のステージへと移ります。
それは、キリスト(神)意識となることです。この最後のステージが達成され、地球への貢献が完了すると、キリスト(神)となった自己が肉体の周波数をあげ、そして、肉体も残すことなくアセンションすることを選択できるようになります。
ミステリー・スクールの目標は物質界においてのすべての限定された幻想を変化させ、聖なる真実、と繋がって生き、真の自己と神/女神/全てなるものと愛の神聖な流れとともに多次元と繋がることです。
それは、キリスト(神)なる自己となることです。

イニシエーションをとおして、人は様々な難題に望み、カルマや幻想やエゴによる誤った自己概念に陥る傾向から開放されてゆきます。
このような難題を克服し、自己の変化を起こすことにより、次のイニシエーションへと進んでゆけます。
各イニシエーションのレベルは高いレベルの経験を参考となるため体験し、どの時点にたどりついたら、そのイニシエーションのステージが完了できるかを教えてもらえます。
その参考とできるポイントが定着できると浄化のステージが始まります。浄化のステージは人生における難題、古い感情の表面化、過去世のカルマのパターンや記憶、その他気づかなければならない、癒されなければならない、変化しなければならない必要があるありとあらゆることが含まれています。
これが完了すると、次のレベルがはじまり同様のプロセスが最後のステージのイニシエーションの段階をマスターするまでつづきます。

ドルフィンスターテンプル®におけるプレアデスの光のワークはこの地球上にある様々なミステリー・スクールの中の一つです。
もし、あなたがミステリー・スクールの一員となるなら、あなたの内なる心から自分にとって最善であることを知って選択をすることになるでしょう。ミステリー・スクールを選択するときに、参加しなければ何か足りないというような恐れや参加しなければ恥であるあるいは罪悪感を感じたり、そのシステムや教師に力を委ねるような形で選択すべきではありません。
内なる深いワークをする準備ができ、あなたの内なる心の全てを知っているというところから決意することを勧めます。
最善のシステムは熱意とあなたの直観で正しい形で現れるでしょう。どのようなシステムであれ、あなたに最善であるシステムがみつかるでしょう。
あなたの人生の過去、現在、未来においての全ての行動に責任を終える準備ができていなければなりません。
あなたの責任のもとで、いかなるミステリー・スクールあるいは教師を選択し、そこで与えられるギフトに尊重や尊敬をもち、あなたの人生の責任をグルとしての先生に委ねる視点からでは決して成り立ちません。
あなたはマスターとしての存在として、ミステリー・スクールに参加し、使徒として誰かがあなたのマスターとなるところではありません。真の生きた覚醒したマスターとは、第一に自らをマスターすることです。

真のミステリー・スクールであれば、その目的はあなたが最善になれることを促し、地球上において、キリスト(神)となる存在であるスピリチュアルな責任をもった人として生きることにあります。




認定コースに参加する前に

認定コースに参加する前に、ドルフィンスターテンプル®の信条や神秘学校の定義を理解することは重要なことです。
そして、エゴを変容させ、自己概念をシフトさせるために、参加者に何が期待されているかを理解することも重要です。
ドルフィン・スター・テンプルの透視コースに参加するにあたり下記の条件を満たすことに合意していただき、コースにご参加いただけますようお願い致します。

1.アルコールおよび薬物中毒ではないこと。
コースの期間中は多次元的な瞑想、チャクラやオーラの浄化と活性化がなされます。
安全な多次元的なワークは低級のアストラル界に存在する寄生体やエンティティ(存在)があなたのオーラやチャクラや全てのレベルの体から浄化されていることが必要です。
アルコールや薬物(処方箋の薬も含む)を常用している人のアストラル体には寄生体やエンティティが存在しています。

2.コース参加中は性的な境界線をたもつ。
明確な境界線を持つために、参加者同士および参加者と教師の間には性的および恋愛な関係をもたない。
ヒーリングの空間においては明確な境界線が必要となります。参加者同士の間においても、オープンで繊細な空間の中では、恋に落ちる幻想や投影をとおして起こりうることがあります。
もし、性的な課題や恋愛感情が湧きあがった時には、まずは自分の課題は何であるかを明らかにする必要があります。
もし、あなたが中庸な立場でいられなくなった場合には、教師に報告をしてください。

3.神経系の毒をクリアーにすること。
あなたの神経系組織に影響を与えている害のある製品の使用を控えることを提案します。
神経系に害を与える製品はあなたの神経、脳、体に高次の周波数の光を促すことの弊害となります。
その結果、不健全な脳の働きを促進し、必要のないネガティブな感情を引き起こすこともあります。
神経系に害を及ぼす製品は市販の洗剤、シャンプー、化粧品などがあります。あなたが購入する製品の中に何が含まれているかを確認し、できるかぎり健全な製品を使ってください。

4.禁煙すること。
すべてのドルフィンスターテンプル®の認定コースの参加者は禁煙者であること。
可能な限り、コースを参加する2週間前から喫煙者の方は禁煙を始めてください。
多次元との繋がりやハイアーセルフとのつながりにおいて、喫煙を続けると危険が生じます。
喫煙をつづけると、暗黒のアストラル界の霊が、喫煙者が怒りや恐れなどの感情を抑圧するサポートをしたり、他人を攻めるサポートをします。
その結果、低周波数の考えや行動パーターンにとどめ続けます。喫煙者は暗黒のアストラル界の霊に無意識に取り付かれ、支配されたままになります。
このようなエネルギーがオーラやチャクラや肉体に存在し、低周波のエネルギーに喫煙者をとどめ、コースの運営を妨げることになる可能性があります。

5.逃避しないこと。
コース参加者はさまざまな領域において逃避をやめること。感情や不快と感じる状況や正直なコミュニケーションから逃避せずに、向かい合うことです。
あなた自身を完全に癒し、スピリットがあなたの肉体と統合するためには、あなたのいかなる感情に完全に気づくことが必要となります。
ドルフィン・スター・テンプルのコースは瞬間瞬間に自らの人生を包括し、意識的選択を持って生きることを支援しています。完全に神意識をこの肉体をもって体験することを提唱しています。
そのためには、あなたのハイアーセルフが完全に各細胞、チャクラ、肉体と統合する必要がありあます。
あなたが、感情、人間関係、コミュニケーションなどからの逃避をつづけることは、コース中のヒーリングの体験をとおして活性化されたチャクラやオーラを維持することは不可能となります。
逃避から自由になり、すべての領域のいて人生を受け止めましょう。

6.ゴシップや批判はしない。
ドルフィンスターテンプル®のコースにおいては、無駄なエネルギーは一切使わなくなることです。
コースでの同意は神聖なる真実と繋がることであり,いかなるゴシップや批判から自由になることです。
人の陰口や批判を続け、真の課題を解決しないことはドルフィン・スター・テンプルにおいては倫理感や信頼を壊すことになります。
参加者ひとりひとりが尊敬と尊重をベースに参加することが期待されています。仮に教師やアシスタントに対して、不信感を感じたときには、直接その本人と話し合ってください。

7.コース及びクラスのカリキュラム、プロセスについて他言しない。
ドルフィンスターテンプル®は口伝を中心としたミステリースクールです。 創始者アモラ・クァン・インのチャネリングにより、カリキュラムは毎年更新されていくものであり、惑星レベルや参加のタイミングにより変容していきます。
また、皆さまが心身ともに安心してコースを受講して頂くため、コースやクラスで起こっていくプロセスについて他言はしないでください。守られた空間の中、安心してハイアーセルフの導きと共にブロックや問題を解放・浄化し、魂の上昇を促していってください。

8.グループの意識開放を尊重する。
コースにおける特徴のひとつに、グループでの意識開放があります。
集団だからこそ可能な意識の共有や解放、魂の成長が存在します。
その時間を尊重することを目的に、コース中3日以上お休みされる場合、また4回以上遅刻される方への修了書の発行はいたしません(欠席の場合、フォローアップによりコースを終了し、次のコースへ進むことは可能です。遅刻の場合は、程度によりフォローアップを行って頂いてから次のコースへ進めます。共に受講中のコースの修了書は発行されません)。






学校説明会に参加|無料スクール資料を請求|無料